忍者ブログ

エンタメや情報

NINJA

2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肩凝りの改善方法を考える

肩凝りなマッサージや温泉などいろいろな方法があると言われますが、一度で改善するとか、全く肩凝りがなくなるということはなく、時間が経過すればまた肩が凝ってきます。


肩凝りでは頭を支える力として肩が凝り始めるとも言われます。


また肩部分の骨格がずれているとか、背骨のズレにより肩が凝るとも言われています。


それらを考えると正しい姿勢、肩付近の筋肉に負担がかからないような姿勢で休むのが良いのかもしれません。



食事の面では栄養のバランスが悪いと、披露が溜まりやすくなり、その披露によって筋肉が硬くなっていくとも言われています。


それを改善するためには口にするもの、食事やサプリメントの調整が効果的かもしれません。


動物などの4本足動物は肩凝りなどはあるのでしょうかね。


人間だけの悩みでしょうか。


二足歩行の姿勢が肩凝りの悪化を招いているのかもしれません。



PR

米マクドナルドではハッピーミールにリンゴのスライスがつくようになった


ファストフードチェーン大手の米マクドナルドは子供の肥満予防を考えたメニューを出すように要望があったりとしたようですが、子ども向けセットメニュー「ハッピーミール」でリンゴのスライスを加え、フライドポテトの 分量を減らす方針になるそうです。
 

今まではポテトかリンゴか選ぶスタイルになっていたのだそう。


マクドナルドではおもちゃがほしいためによくマクドナルドに通う子供がいたりと、健康面で改善を求める動きがあったようですが。


連邦規制当局は17歳以下の子供に関してはナトリウム、砂糖、脂質、カロリー等の制限を重視しているのだそうです。
 

アメリカはハンバーガーのサイズが大きいとか、デザートは甘めとか、日本に比べるとビッグらしいですね。


日本の子供は意外と肥満児はいない感じでしょうか。
 

昔は1クラスに一人ぐらいは肥満児はいましたが、今はそれほどの割合で肥満児を見かけるということもなくなったような気もします。
 

太りにくい体質になったのでしょうかね。
 

それとも少子化などで親が栄養のバランスを考えて料理を作るようになったのでしょうかね。


パネルクイズ アタック25


肩こり、肩凝り、改善、治す、方法は?いろいろな説


肩こりで困っているという方も多いですが、肩こりは病気という風には認定されていないのが実情でしょうかね。
 

筋肉の状態が悪くなっているという筋肉痛的な分類かもしれません。


肩こりになる説としては 頭を支える筋肉が弱くなっているから、ストレスで筋肉そのものが硬くなっている、血行が悪くなっている、背骨のゆがみなどがあるでしょうかね。


頭を支える筋肉が弱くなっているということを考えた場合には、子供の頃の方が頭の割合が大きいですし筋肉もそれほど発達していないということを考えると、微妙ではあるかもしれませんね。


ストレス説ではストレスを感じたときに脳から出る分泌物が筋肉を硬くするとも言われています。


血行が悪くなっている説では、肩こり改善の医薬品ではだいたい血行を改善すると書いているので、血行の影響が一番有力でしょうかね。


背骨のゆがみ、骨盤の歪みというのも体の一部に負担がかかるので、そこの筋肉に疲労が集中するという話もあります。


だいたい大人になると肩こりは徐々に出てくるものではありますね。
 

一度肩こりになるとなかなか治らない、状態が続くようになるとも言われていますし、肩こり改善を取り扱う病院というのはあまりないもののようです。



■カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31