忍者ブログ

エンタメや情報

NINJA

2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダルビッシュ有と紗栄子と父親の関係は

だいたいメジャーに行った際にはその人の住まいは注目されますね。

イチローは豪邸、松井秀喜は高級マンションでした。


テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有(25)ダルビッシュが米国での新居が決まり、話題になったのだそう。

球団がダルのために用意したのは、ダラス市内にある29階建ての高層マンション。


部屋数は全部で13部屋もあり、寝室は6部屋、バスルームが2部屋。


トレーニングルームにシアタールームもあり、一人で暮らすのだそう。


年俸から考えると厚待遇で高級マンション?


ダルが希望しているのは野球に集中できる環境と、来客があっても、泊まることができる部屋があることだったそう。


そのために家族で住むような物件を選んだのか。

「寝室が6部屋もあるのは、家族がいつ試合を見に来ても、宿泊できるようにとのことでしょう。いずれ、別れた妻子がアメリカに来ても、このマンションに泊まることを念頭においているのでしょう」(球団関係者)


一方で母子訪問を歓迎していないのはダルの実父・ファルサさん(51)なのだそう。


離婚協議が金銭面などのことで長引いた背景にはダル本人よりもファルサさんの意向が強かったという。


「離婚後の2月末、紗栄子が自分のブログにダルとのツーショット写真を掲載しました。ファルサさんはこの写真掲載に激怒したそうです。離婚協議以来、不信感は積もりに積っています。『彼女は離婚後も息子を利用し続けようとしているのか』と疑心暗鬼になっているんです。ファルサさんは『紗栄子をこのマンションに絶対に入れるな!』と“出入り禁止”を厳命したそうです」(別の球団関係者)


プロ野球に入団の際にも交渉は父親でしたし、お金には厳しい人だという評判でした。


ダルビッシュの方は子煩悩らしいですが、今は親元家族の一員という感じでしょうか。


古閑美保がアメリカに帯同するのではないか、栄養管理などを担当するのではないかとも言われていましたが、どうなのでしょう。


人一倍野球を追及し、体調管理にも熱心なダルですし、離婚の理由がサポートがなかったからとも言われているだけに、元アスリートの考えというのはダルにとっては一番重視するところを満たす気もしますが。


女性自身参考
PR

浅田真央は激ヤセしていた、フィギュアスケートの世界選手権あさだまお


フィギュアスケートの世界選手権に出場した浅田真央(20)選手は肉体管理や練習方法を見直すことを決めたのだとか。


昨年バンクーバー五輪時に栄養・トレーニング面で支援を受けた森永製菓と、「チーム真央」を再結成し、肉体改造も行っていく予定なのだそう。
 

7%の体脂肪率でベスト体重だった五輪時の48キロが自己流調整で食事を節制し過ぎて約43キロに激減していたことを明かした。
 

「ウエートは繊細な部分とすごく感じた」「この悔しさは忘れない」
 

フィギュアスケートの選手は体重を落とすのが難しいとかそういう話もありますが、浅田真央選手の場合にはあまり太らない体質なのでしょうかね。
 

大会前は食事制限はするものの、普段はお菓子が好きでよく食べる方なのだそうです。


身長163cmで約43キロはけっこう細いですね。


安室奈美恵さんは158cmで40キログラム、ともさかりえさんは165cmで38キログラムで皆細いと言われていましたが、それに近いレベルでしょうか。


フィギュアスケートでは重すぎてもジャンプが悪くなる、軽すぎてもパワー持続力がなくなり後半にばててくるとも言われますが。
 

ラサール石井さんの発言はこういう減量もあって出た言葉なのでしょうかね。


近田 怜王(ちかだ れお)の育った環境、プロ野球選手への道


ソフトバンクホークスの近田怜王は2008年10月30日のプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから3位で指名された選手。

父は大阪府庁で3年半職員として働き、その後は不動産コンサルティング会社を経営している。

母親は鹿児島の銀行で働いた後に幼稚園教諭の資格を取るために東京の大学へ。

親戚が知り合いだったことが出会いのきっかけとなり、サラリーマンよりも収入がよく家も持っていたので結婚することを決意。


入団した際には長男にあたる兄は大阪府立大学の4年生でその後大学院に進学、次男は東京大学に受験するも失敗した慶応大学理工学部中退の浪人生だったのだとか。

3兄弟とも報徳学園出身。

末っ子でありながらも一番最初に自立した近田怜王選手。


母親が淋しいという中、お母さんも自立してねと声を掛けるほどしっかりとした18歳だった。
 
最速147km/h、常時140km/h前後のストレートとキレのあるスライダーや、カーブやチェンジアップなどの変化球を投げることができる。

キャンプの取材で来た鈴木啓示さんにに「高校生の中で一番いい。318勝(鈴木の通算勝利数は317勝)してくれ」と言われた将来性のある選手なのだそう。
 
関西No.1サウスポーと呼ばれたこともあり、高校進学の際には40校からスカウトの声がかかった。

高校時代は1年秋からエース、プロ入り後はオーストラリアのウインターリーグにも参加した。


■カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31