忍者ブログ

エンタメや情報

NINJA

2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪ステーションシティJR大阪三越伊勢丹がオープン


大阪ステーションシティJR大阪三越伊勢丹が開業しましたが、一デパートのオープンと思っていたらかなり大きく扱われています。

神戸は大阪から30分足らずの交通圏にあるので事実上競争相手になり大阪神戸とも改装や店の入れ替えなどが増えている。

ミナミでは高島屋大阪店にはファッション商業施設「SHIBUYA 109」も進出。
 
一方神戸は大丸神戸店では女性向けファッション売り場「うふふガールズ」をオープンさせた。

売り場のうち約2000平方メートルの売り場面積を25~34歳の「アラサー世代」と18~24歳を「アラサー予備軍」と位置づけたその2つの年代層を対象にしたファッションエリアにしている。
 
ファッションには敏感な関西地区ならではの上品で落ち着いた「きれいめ系」商品を中心に集めた、

「山の手感覚」が人気だからしい。
 
貿易の地と知られ国際交流も盛んでカフェ等が多い神戸色を活かしたイベント「洋菓子フェスタ」も開催。
 
そごう神戸店「デパ地下」に力を入れた。

製菓やパン、パスタ日本有数の食材専門店「富澤商店」が出店した。

製粉やドライフルーツ、豆類など4000点以上の食材を扱う手作りが好きな客層が集まる店を目指す。

やはり元々は都だった地区、歴史の街でもあり古きよきものを大事にする価値重視な土地柄だけに、デパート利用者は日本でも多いのだそうですね。
 
価格の安いものを集めた大型商業施設よりも買い物はデパートでという感覚が強いようですね。
 
やはり厳選された良い商品が集まり、日本全国からもお客さんが集まりそうですね。

神戸付近は富裕層も多いのでやはりデパートの価格単価というのも高く高級品が多いのでしょうか。

東京では高級商業地区と言えば銀座ですが銀座は三越、松屋、松坂屋の3つ。

新宿は高島屋、伊勢丹、三越、ルミネ、丸井など1ヶ所には集まってはなく点々としているので商業エリアという風でもないでしょうか。

その他横浜などのそごう、阪急百貨店、丸井シティなどが商業エリアとして知られているでしょうか。

高級デパートでは二子玉川高島屋などがあります。

PR

5月は母の日、プレゼントを贈る人も多い


母の日にプレゼントするかどうかというテーマでは、母親が生きているうちにできることはやっておくべきとか、亡くなってからプレゼントなど感謝を伝えておけばよかったという声も多く、年齢が高くなるにつれて思いが強くなるようでした。
 

カーネーション、バラ、お菓子、ケーキ、ハンカチ、バッグなどが人気でしょうかね。 それほどお金はかけずに軽い気持ちで渡すことが多いようです。
 

今は加工した生花であるブリザードフラワーも人気が高いですね。


だいたい1年ほどは長持ちするそうで、やはり花の中で生活をすると気持ちも明るくなるというものでしょうかね。


花が好きな人ほど心が洗練されているとか、穏やかと言われるのもこういう部分からでしょうか。


趣味を持つということも大事なのでガーデニングやその他、編み物や手芸などもいいかもしれませんね。
 

山口百恵さんも手芸関連が趣味だそうなので、山口百恵さん世代の母親がいる方は良いかもしれません。


ユザワヤなど身近なところは母親世代が好みそうな商品が置いてある状況とも言えそうですね。


今年は東日本大震災もあり、家族、両親を亡くした人々を目の当たりにし、いつ何があるかわからないので、プレゼントは贈っておこうと決めている方も多いようですね。


父親にはあまりプレゼントはしないという方も多いようではありますが。


世田谷区は住みやすそうな良い街:おしゃれで閑静な住宅地は


芸能人は世田谷区に豪邸を建てるという風にも言われますが、やはりあの辺は住みやすく、店もおしゃれなので、パリにいるような、ニューヨークにいるような、ロサンゼルスにいるような、日本ではない雰囲気があります。

 
ひとつひとつのものが豪華というかおしゃれというか、洗練された建物というか、何かが違いますね。
 
住んでいる人も富裕層、金持ちが多いので、そういう人々に合った街づくりというのをしているのでしょう。


都会のように人ごみができるというわけでもなく、落ち着いた閑静な雰囲気が広がっている風でしょうか。


テレビなどで見かけそうな社長一家とか、社長夫人とか、セレブなミセスが住んでいそうな雰囲気ですね。


仕事の通勤などを考えなくてもいいのであれば、世田谷が東京で一番住みやすい場所でしょう。
 

世田谷区出身ではほしのあきさん、平子理沙さん、高島兄弟、水野真紀さん、三船美佳さん、みのもんたさん、小池栄子さんなどがいます。


やはり親が経営者とか有名人という場合が多いですね。

二子玉川高島屋があるのもかなり良いポイントだと思います。


選手時代に派手だった清原和博・きよはらかずひろ


清原和博さんは夜の街では有名だったとか、数多くの伝説を持っているなど野球選手の中でも派手との評判でしたが。


プロ野球選手時代の年俸は4億5000万円、3億8000万円など球界でもトップクラスが数年続いた。


1億円に到達したのが23歳だったのでその後約20年間1億円プレイヤー選手だったことにもなります。
 

生涯年俸は60億円近くでしょうかね。


名言がオレにとって100万円とはおまえらの1万円のような感覚だと言ったとか言わないとか。


2日でドンペリ25本開けたとか、130万円を使ったと言う伝説も。
 

自宅は港区にある150平方メートルの3億円マンションらしい。


車が趣味で、ベンツ、ポルシェ、フェラーリ、ベントレーコンチネンタルGTなどどれも2000万円ほどするような外車を数台持っていたらしい。
 

自動車好きとなると数台限定のものも持っていたのでしょうかね。


夫人の清原亜希さんはファッションモデルは卒業したものの、今でも時々テレビに出演しますし、家庭の様子も公開しています。


ガイアの夜明けかソロモン流に出ていましたが、マンションの隣近所と仲が良く、料理を多めに作っておすそ分けすることもあるのだとか。
 

子供は有名私立小学校Kに入学したと週刊誌で報じられていました。


生活は派手でありながらも野球ではしっかりと成績は残せていた、そんなに体を酷使しなくても生活はできたのに限界まで野球をやっていたのは凄いと言うか。
 

社会人・大学生ルーキーでもなかなかホームランが出ない中、高卒1年目で31本ホームランを打ったのだから天才でしょうか。


ホームランバッターでもそうは30本打てない、後にホームランバッターになる選手でもルーキーイヤーにはだいたい10本前後、それを10代でやるとは偉業であり、神業でしょうね。


オリックスで引退した年にはこれまで高校から疎遠で溝のあった桑田真澄さんとも和解したりと、また違う人生が始まったと言う感じだったでしょうか。


子供は二人とも男の子ですが、もし女の子ならかなりかわいがっていたでしょうか。


野球選手は子供をかわいがりますね。


常盤薬品工業の大倉尚元社長のセレブ人生


常盤薬品工業の大倉尚元社長は以前話題になりましたが、親会社ノエビアの創業一族だった。
 

常盤薬品工業は南天のど飴などを販売しており、ノエビアは化粧品を取り扱っている。


ノエビア創業者である大倉昊さんの次男として誕生。

いわゆるお坊ちゃまが通う甲南大学卒業後に三井銀行に入行。


その後1年で退職しその1年後にノエビア入社3年後には部長となった。


2002年に常務、2003年に副社長へと昇格。


37歳でノエビアの副社長と常盤薬品工業の社長の座を手にした。
 

自宅は神戸市の高級マンション最上階の18階。


ノエビアの株だけでも時価総額で資産36億円。


学生時代から株の配当だけでも3000万円はあり、それがお小遣いとなっていたらしい。


今はノエビアにも常盤薬品工業大倉姓がないので、一族出身の役員はいなくなったということでしょうか?
 

子供の中でも期待されていた次男ということだったのでしょうかね。


ノエビアは商品が多いというわけではありませんが、価格単価は1万円前後と高く、高級化粧品なのでしょう。
 

しかし化粧品や薬品などの事業でこんなに大きい会社になるのもすごいものですね。

■カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31